赤字続き

ジェットスター・ジャパンでは、格安航空券の中でも他の航空会社に比べてもかなり値段が安く、しかも幅広い航空路線を確保しているなどして使いやすく、利用幅の広いLCCとして注目を浴びていました。
しかし、やはりそれだけの経済的両立は難しくここ数年でのジェットスター・ジャパンの決済は赤字続きで、かなり業績不振に落ち込んでいるというような面もあるんですね。
そういった、業績不振を取り戻すために日本航空などの出資会社から数十億規模の追加出資などの見通しが行われており、その損益回収と赤字奪還のために、ジェットスター・ジャパンではさらなるコスト低減化と収益獲得のために様々な方向で有料化サービスの値上がりがみられるようになっていますね。

ジェットスター・ジャパンの航空チケットの代償

ジェットスター・ジャパンでは、赤字続きの決済でこそありますがそれでも航空チケットの値上がりだけはしていないというところは、格安航空会社としても非常に高く評価できるところだと思います。
その代わり、有料サービスの値上げなどによって収益を回収しようとしているので、今まで利用していた人にとってはあまり歓迎できるようなことではないのも確かです。
2014年時点では、座席の指定料金がスタンダードシートが250円から450円に値上がりしており、アップフロントシートでは420円から650円に、エクストラ・レッグルーム・シートの指定は850円から950円と決して安くはない値上がりをしている現状にあるんですね。
しかし、空港支払と事前支払の区分が廃止されたおかげで空港支払の手数料が値下げになっているというメリットもあります。
しかし、基本的にジェットスター・ジャパンの空港支払の場合は座席指定をするという人があまりいなかったんですね。
だから、結果的にはこれらの値下げもあまり効果がなく、総合的に見ればやはり実質上の値上げにつながっていると言ってもいいでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫