値上げについて

格安航空券の中でも、特に破格の値段を目指している格安航空会社のジェットスター・ジャパンでは航空路線の数も多く利用しやすいということで非常に多くの利用者が増えつつあるのですね。
しかし、それだけ路線を広くカバーしながらも格安航空券をより安く売り出すということをしている以上は、ほかの部分でやはり低コスト化をしなくてはいけない、ということもあってコスト削減もかなり幅広い形になっているのが特徴ですね。
特に、ジェットスター・ジャパンはかなりサービスの有料化における値上げ率が高い、というようなデメリットがあるのも特徴的ですね。
やはり、航空チケットの格安化と幅広い路線をカバーしている負担が大きくコスト削減のために、支払手数料などが値上げされているのが特徴的ですね。

ジェットスター・ジャパンの手数料値上げについて

ジェットスター・ジャパンは、格安航空会社の中でも航空チケットの安さと幅風広い路線をカバーしているとは言っても、業績のほうはそれ程芳しくないという現状にあります。
その影響を受け、コールセンターや空港での支払手数料が1800円だったものが2700円に値上げするなど、かなりの値上げがされています。
また、アップフロントシートを予約する場合も400円から420円に、変更手数料も3100円から3150円に値上がりしたりと、各手数料でこまごまとした値上げ策が行われているようですね。
ほかにも、手荷物の預かりが500円から750円に値上げしているなど、手荷物預かりの有料化についてはかなり値上げの影響が多いといえるでしょう。
特に、受託手荷物は空港で追加1kgという形になっているので実際に手荷物受諾をするとなるとなかなか値段が張ってしまいます。
ほかにも、Plus運賃というオプション利用も990円から1200円に値上げがされたりと、あちこちで値上げを行うことで損益の回収を狙っているのが見えます。
まだまだ業績は発展途上という感じですね。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫