ジェットスター・ジャパンの安さの理由や仕組み

- 格安航空会社(LCC)で知っておきたい基礎知識

格安航空会社(LCC)で知っておきたい基礎知識

格安航空会社のことをLCCと呼びますが、激安料金の航空運賃で日本各地に旅行できる魅力的な格安航空券を提供してくれます。Low Cost Carrierの略でLCC。今回は【格安航空会社(LCC)で知っておきたい基礎知識】についてまとめておきましょう。

LCC(格安航空会社)の予約方法・利用方法

オレンジのクレジットカード
予約は基本的にインターネットになります。支払いはクレジットカード決済やコンビニエンスストアでの決済になります。あとは、空港に行って飛行機に乗るだけ。このあたりの手続きは日本航空や全日空など大手航空会社と違うことはほとんどありません。

利用する場合の搭乗手続き・チェックインもインターネットでしておくWebチェックインもできます。空港でチェックインもできますが、追加料金を取られることもあります。人間の手が入るとお金が必要になるのが普通です。

チェックインが終わると、荷物を預けますが、LCCは大抵が有料です。その後、保安検査場に通過してゲートに進みます。予約方法や利用方法は、普通の飛行機に乗ることと大きな違いはありません。

格安航空会社(LCC)の特徴とは?

料金は安いですが、その代わりに注意点や制約もあるのが特徴になります。
手荷物を預ける場合は大抵は別料金が必要になり、重さや大きさのシビアにチェックされますし、事前予約が必要なケースもあります。

座席指定手数料や決済手数料など、手数料が高く、日本航空や全日空ではない手数料もあります。予約の変更は基本的に不可で、もしもできても手数料は高額です。また空港のターミナルも不便な場所にありますから移動に時間がかかります。

機材も少なく限定的ですから、フライトが遅れるのは日常茶飯事です。ビジネスで利用するのは向いていません。格安航空券でも大手の早期割引や直前割引を使うほうが仕事がらみならば安心です。

いかがでしたでしょうか?

格安航空会社で知っておきたい基礎知識の一部をご紹介しました。欠航しても遅延しても他社便に振り替えてもらえることはありません。ひたすら次に搭乗できるフライトを待つしか方法がありません。
またシートピッチはとても狭いです。体格の大きい人には苦しい時間になるでしょう。毛布や機内サービスは有料になることが多いです。

いろいろなサービスが欲しいと最終的に日本航空や全日空の早期割引運賃を使ったほうが安かったり、国内旅行のツアーに参加したほうが安いこともあります。
宿泊を伴う旅行の場合は、トータルの旅行費用でコスト計算をしましょう。ピーチアビエーション、ジェットスター・ジャパン、バニラ・エアなどの格安航空会社(LCC)が安いという先入観を持たないほうがいいでしょう。


関連記事

    None Found