手数料に関して

格安航空券を提供している、ジェットスター・ジャパンはその値段の安さもさることながら、航空路線が非常に多数あることも特徴的ですね。
しかし、路線がたくさんあるのであればその分航空券の値段は他の格安航空会社よりも上がってしまうのではないか、と思う人もいるかもしれませんが、ジェットスター・ジャパンの売りは何といっても他社よりも航空チケットの値段を10%引きするという最低価格保証、というところにあります。
そして、何よりその宣言が誇大広告なのではなく実際に他の航空会社に比べても同じ路線を見たら最低価格も最高価格も安いというように値段のお得差加減ではジェットスター・ジャパンが一番といってもいいでしょう。

他の手数料に関して

格安航空会社では、航空チケットの販売をコスト低減するためにウェブ予約しか受け付けていないというところが多いんですね。
しかし、ジェットスター・ジャパンでは電話予約をすることも可能になっているのです。
しかし、電話予約の場合はプラスで手数料が発生してしまいますので、それを加算すると他の航空会社と比べるとあまり遜色なくなってしまうというような部分もあるのです。
ほかにも、特徴としてはジェットスター・ジャパンでは手荷物の預かり料金が個数ではなく重さで図られている、というような形になっているのですね。
格安航空会社だと、路線が絞られてしまっているのでほかの格安航空会社ではカバーしていない路線を使うときなんかは、ジェットスター・ジャパンを選択肢に入れるのもありかも知れません。
特に、成田間から西日本や九州、北海道までもカバーしていますので目的地の選択肢の広さというのは非常に大きな強みだと言っていいのではないでしょうか。
ただ、ジェットスター・ジャパンは安かろう悪かろうではないにしても、相次ぐトラブルなどもありますので安全面が気になるとい言う人は選択肢から外してしまう人がいるのも現状になっているかと思います。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫