航空チケット

格安航空券を売り出している、格安航空会社は日本国内ではまだま数が少ない現状にあり、業績を上げることができているような航空会社は数えるほどしかないといえるでしょう。
確かに、格安航空会社の国内便は増えてきており格安航空券を手に入れるのもとても簡単になって来てはいるのですが、まだまだあらゆる点で日本では発展途上と言えるのではないでしょうか。
そんな発展途上な格安航空券を売りにしている格安航空会社の中に、ジェットスター・ジャパンという名前の航空会社があります。

ジェットスター・ジャパンと航空チケットについて

ジェットスター・ジャパンは、カンタス航空グループ、日本航空、三菱商事がそれぞれ出資して設立した新しい格安航空会社で、2011年に発足しており、翌年には伊藤忠商事系の総合リース会社の、東京センチュリーリースが三菱商事と保有株を半分分け合うという形で出資者となって就航開始した格安航空会社です。
ジェットスター・ジャパンの航空チケットは、格安航空券モールを使ってほかの航空会社と比較しても運賃を10%下げて最低価格保証を実施する、という形をとっており、路線の数の多さと航空チケットの値段を比較すればかなり優秀かつ使いやすい格安の航空会社といえるのではないかと思います。
ジェットスターで取り扱っている航空チケットで利用できる路線は、それぞれ国内線では東京成田から札幌新千歳、大阪簡裁、高松、松山、福岡、大分、鹿児島、沖縄那覇、熊本とかなり多数の路線を保有しているのです。
ほかにも、大阪簡裁空港から札幌新千歳空港、福岡、沖縄那覇、大分、熊本間や、名古屋中部から札幌新千歳空港、福岡、鹿児島、熊本間の路線もとおっていたりと格安航空会社の中でもかなり路線数が多い航空会社となっているのが特徴であり武器ともいえるかと思います。
これだけ多数の路線をカバーしていながらも、航空チケットの値段は他の航空会社に比べると10%値下げするというようなかなり冒険をしている売り方になっているのではないかと思います。
東京、大阪、名古屋と中央都市部から四国や九州など主に西日本を広くカバーしつつ、北海道行きの航空路線があるなど、行き先の選択肢が広いおかげで、ジェットスターはとにかく広範囲で格安な飛行機利用をしたい、という格安航空会社の王道を行くような運営方針をとっているのが特徴ですね。
航空チケットも、コンビニで購入できるなど非常に手軽に利用できるのも特徴です。

更新情報